ノーコードで業務アプリが作れるWebデータベース「プリザンター」入門

  • ブックマーク
  • -
    コピー

エクセルでデータを管理しているけど、もっと便利にならないかなぁ。

それならデータベースを利用してみてはどうかな?

日々の業務で何か困ったことはありませんか?そんな質問をすれば多くの答えが返ってくるのではないでしょうか。人手不足なのに仕事量は増えていくばかり、チームや部署の状況が見えにくい、スケジュール管理が煩雑になりがちなどキリがない状況も少なくありません。

業務の効率化や改善目標にはツールの活用が必要不可欠ですが、その中でもWEBアプリを導入・活用することで多くの問題を解決することができます。業務改善に役立つWEBアプリは数多く存在していますが、その中でも汎用的なデータベースを利用したサービスは、求めているニーズに沿ったカスタマイズが可能なので、多くのシーンで非常に役立ちます。

WEBデータベースで業務改善という選択

Webデータベースを導入するにあたって最もハードルが低いのが無料で使い始められるプリザンター(Pleasanter)です。

プリザンターTOP画面
プリザンターTOPページ

プリザンターはオープンソースソフトウェア(OSS)のWEBデータベースであり、ブラウザ操作で簡単にテーブルの作成やレコード追加、一覧表示などができるのでノンプログラミングで簡単にデータベースを構築することができます。

またCSSやJavaScriptでのカスタマイズや便利なAPIもあらかじめ用意されているので、システムを組み合わせれば本格的な業務用WEBアプリを開発することも可能です。

日々の業務で「エクセルだと機能的に物足りない」や「チームで情報共有したい」といった悩みはありませんか?プリザンターを活用すれば、小規模な業務でも気軽に導入できるといったメリットがあるのでとても便利です。

なぜエクセルでは物足りないのか?

業務で資料を作るとき、ついついエクセルを使っていませんか?エクセルはとても便利な表計算ソフトなので、表計算に関わらずどんな資料を作るときも迷わずエクセルを選択している方も多いのではないでしょうか。

ですが在庫管理、案件管理、問い合わせ管理など日々運用・更新するようなデータを取り扱う場合はエクセルだと一括管理が難しく少々面倒になってきます。そこでデータベースを活用すればデータの更新や管理が容易になるのですが、導入にはコストがかかることやSQLといった専門知識を習得するまでに時間がかかるなど、ハードルが高くなり導入を断念してしまうケースも少なくありません。

ですがオープンソースのデーターベースであるプリザンターなら無料で利用でき、ブラウザ操作だけで基本的な機能であれば簡単に構築することができ容易に導入することが可能となります。3ユーザーまで無料で利用できるクラウドサービスも用意されていますので、データのバックアップという面でも有効です。

テレワークでも進捗情報を共有したい

オンライン授業やテレワークの需要が急増している中、チームや部署内で個々に割り振られた担当や進捗管理が把握しにくくなったと感じることはありませんか?そんな時にもプリザンターが役立ちます!

チームや部署ごとにテーブルを作成して、レコードごとにメンバー名や担当業務、進捗率などの値を入れることでデータベースで一元管理でき、組織全体の状況やタスクの見える化を実現することが可能。

各ユーザーの操作もブラウザからログインして情報の登録・更新が可能なので、社内だけなく社外や外部といったあらゆるデバイスから簡単に操作ができ、利便性が高いこともオススメしたいポイントです。

また最近では多くのユーザーが利用しているChatWorkやSlackといったチャットツールとの連携も可能なので、データベースをより身近に、よりすばやく情報共有することができます。

もちろんログインユーザーごとにアクセス権限も付与することができるので、可用性と機密性の両立を実現することも可能です。

もちろん本格的な業務ツールも開発可能

プリザンターはLinux、PostgreSQL、.NET Coreといった主要なOSSでの環境で構築することが可能であったり、クラウドのプリザンターとオンプレミス環境の基幹システムと連携したシステムを構築したり、さまざまな動作環境にも幅広く対応しています。

多くの企業で利用されるデーターベースにプリザンターを採用したケースも数多くあり、中にはフルスクラッチの場合と比べて約1/3のコストで開発できたという事例も。小規模なチームから、大規模な組織まで幅広く利用できるのもプリザンターの大きな特徴です。

教わらなくても使えるほど操作が簡単!

プリザンターには環境を構築して利用するOSS版、簡単に利用できるクラウドサービスのほかにもすぐに全機能を利用できるデモ環境版が用意されているので、まずは使ってみながら操作を覚えたいという方にはオススメです。

プロジェクト管理例(WBS)

もちろん操作マニュアルも用意されていますが、テーブル作成やレコード追加などの基本操作はすべてマウスで直感的に操作ができるので、習う前に慣れろといったスタンスの方であればまずはデモ環境を利用してみてはいかがでしょうか。

まずはデモ環境を利用してみる

デモ環境を利用する場合は、「デモ環境を見る」欄にメールアドレスを入力して登録すると、後ほどデモ環境のURLが記載されたメールが送られます。リンク先をクリックするとメニュー画面が表示され、すぐにプリザンターのほぼ全ての機能が利用可能です。

>>プリザンターのデモ環境へはこちら

ユーザーマニュアル(基本操作ガイド)

デモ環境を触ってみたものの、基本操作がよくわからない。そんな時は豊富なマニュアルの中から、まずは「基本操作ガイド」を一読してみてはいかがでしょうか。

フォルダ作成、テーブル作成からカラム追加、レコード追加な基本操作が手順ごとに説明されていますので、初めて使う方でも安心です。

>>プリザンターのユーザーマニュアルはこちら

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

アバター

たむらさとし

【文章とプログラムが書けるライター】
関西を拠点にライター / WEBディレクターとしても活動中。ランサーズ の認定ランサー。
ライター業ではマニュアル制作などのテクニカルライター、オウンドメディアや地域ブログの取材、コラムなども執筆。